兵庫県三田市で活動する女声合唱団Stellaです。 西岡茂樹先生の指導で楽しく歌っています。 日々の練習の記録です。

プロフィール

Author:stella団員
兵庫県三田市で活動する女声合唱団Stellaの団員です。

★団のホームページへ★

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

11月25日 金曜日

「スリリングな演奏でした」 とのお言葉を先生から頂いた合唱祭。
取りあえずは終わってホッとしました。
これでしばらく、約1年間練習してきた「田園」とお別れです。
やっと!! (笑)
いざ別れるとなると、長いお付き合いだっただけに一抹の寂しさも?

今日の1曲目 「Candlelight Carol」
前回3番まで克服したはずなので?通しで歌ってみました。
3番はアカペラで始まり、途中からピアノ伴奏が入ってくるので、
絶対合っていないといけません!
3番の歌詞、Find him at Bethlehem laid in a manger.
できるだけ母音を繋いで歌うこと。

この歌を発表できる機会があるといいなぁ~。
どこかでないでしょうか?
クリスマスにぴったりの曲です。
路上ライブだと、今日は380円くらい稼げただろう、とは先生のお言葉です。

次に「サザンカ」
11小節からのメゾフォルテをもっと効かせて!
18小節のサザンカの「カ」は、あ母音を明るく。
だんだん綺麗なサザンカの花になってきました。

休憩後に、「純銀もざいく」
15小節から、ソプラノだけフォルテ!
ここはしっかり、「いちめん、なのはな」と歌う。
メゾ、アルトは背景。
「ひばりのおしゃべり」は高めに。
最後の「いちめんのなのはな」は、ゆっくりしない。

そのまま、2番の「サザンカ」へ行く練習もしました。
アルトさん、大変です。ピアノ伴奏無しで、第一声ですもの!

そして3番の「花の音」と4番「レンギョウ」も軽く歌ってみました。
音取りも十分していなかったのですが、
数回歌ううちに、早くも素敵なハーモニーができているステラです

午後のステラ会では先生から預かったという新曲も!
「ヴィヴァルディが見た日本の四季」
さて、これは決定になるでしょうか?
楽しみです

ソプラノ 再びのTomochin でした



スポンサーサイト
【 2016/11/29 14:47 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

11月18日の練習日記♪

いよいよ三田市合唱祭が明後日になりました!
ということで、今日は第3週の金曜日ではありますが、西岡先生に来ていただいての練習日でした。

いつもの通り体をほぐして発声練習から始まりました。
今日は先生のギャグも一段と冴えわたって(?)いました。

そして合唱祭の演奏曲の田園から。
頭のところの「あ」母音の音が落ちがちなので、きちんと音をとりなおして下がらないように気をつけましょう。「よなかに さいと じつは みのる」
マルカートになった時に急に表情が変わってvividになるように。
72小節くらいからの各パートの「よるがみのっている」の「よ」ではiyoになるように出だしに注意をして。
そして、終盤、栄養ドリンクを各種用意しておいて、80小節ではリポビタンD、84小節でアリナミンV、92小節ではユンケルを、そして、96小節からは奮発して一本3000円くらいのユンケルプレミアムを注入したつもりで!
96、97小節の「もうじきあさがくるー」ではエキスパンダー引っ張るように(これは若者には通じないようですが)、「くる」に向かって引っ張っていく。
この合唱祭で一旦この曲はしばらく歌わないことになりますので悔いの残らないような演奏をしたいものですね。

後半の練習は「花、いっぱい」から「サザンカ」
今日はソプラノがたくさん注意を受けました〜
6小節のファの音の音程注意。
24小節の「ゆうびんやさん」のところ、暗く寂しくならないように。
26小説のルルルルの最後は余韻を残すように優しく。
32小節の「とおりすぎてからも」のところではあるとの「ルルル」と寄り添うように意識して。など

全体では
20小節のluは新しく入り直すこと。少しタメて入るので飛び出さないよう、必ず指揮を見ること。
30小節から32小節にかけて事故が起きないように、ということと、
40〜41小節の「さざんか」の「か」の入り方。ここがこの曲の思いを一番表現するところ。一番素敵に思いを込めて入り、伸ばす間も弱くならないこと。
この曲は随分素敵な曲になってきました。次の練習の時には楽譜を外せるようにしましょう!

そして「純銀もざいく」これは今日はお試し。メゾアルトさんは午後練の成果がきちんと出てましたね・・・。なかなか練習に揃わないソプラノは惨敗でした・・・。これではいけない!次の練習までにソプラノ自主練に招集ですぞ。

最後に「Candlelight Carol」を歌って今日の練習を終わりました。
どこかクリスマスツリーの点灯式で歌えたらいいんですけどね〜^^出演オファー、ホームページやFB、ツイッターにて受け付けますのでいつでもどうぞ!(ソプラノ Y)
【 2016/11/18 17:03 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

11月9日(水)夜練習

急に冷え込んだ三田の夜。
マフラーやコートを着込んだ団員たちが、

寒いね~!で、 なんでトランプが勝つの~!!

と口々にやってきます。
世界情勢には左右されないステラ。
しっかり本日も練習開始!

本日のテーマ。名付けて「んがんが唱法」
発声で、ハミングから口を開けてアー、これはいつもやっています。
今日は、それを短くしたものを何回も続けて行いました。

例えば、サザンカの「ひがさしてきまーすー」
田園の「なみだはまよなかにみのる」
これらは、言葉を刻むというより、んがんがと言っているような気持ちで歌う。
んー、難しいです。
表現の仕方で歌もすぐに変わるのですから、注意しましょう!と言われました。

本日の練習。
最初は、Candelelight Carol の2番を中心に練習。
and は、イギリス英語の発音で。

次にサザンカ。
だんだん良い感じになってきました!との先生からのお言葉。
純銀もざいく、レンギョウ、この順に練習しておくように。

最後に合唱祭で歌う田園。
夜会員さんは、今日が最後の練習でしたね。
出だしから、しっかり練習しました。

まだまだ最初の響きが低い。 i 母音が落ちている。
ひとつひとつ音を取り直すつもりで何度も練習。
そして、「みのる」に向かって音楽を進めていくこと。
ねぎの葉、かぼちゃ、ここはもっとパワーを!

練習ラストは、先生の熱のこもった指揮につられて、
田園を本番さながら歌い上げて終了!

寒さなんて、どこへやら。
頬を紅潮させたまま、合唱祭本番へと確実に向かっています 

ソプラノ  Tomo - Chin
【 2016/11/10 14:35 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

11月2日(水)夜の練習日記

今日は、西岡先生による発声前のストレッチと発声練習から始まりました。
身体をよく準備しておくこと、常に心がけたいです。

曲は、「Candlelight Carol」の練習から。
まずメロディーを覚えるために「ナ」の音のみで歌い、そのあと歌詞で練習しました。
外国語の曲は、節の中でどの言葉をたっぷりと歌うのか、発音なども自然に歌えるよう、
先生から教えて頂きました。

次に「サザンカ」の練習を行いました。
各パ-トが他のパ-トの音をよく理解し、お互いの良さを引き出すように歌います。
昔からある歌なので、その当時の空気感、生活感をよくわかって表現することも大切だそうです。

最後に「田園」の曲の後半部分を集中的に練習しました。
72小節目から伴奏がかなりパッショネートに変化していることを感じながら歌うこと。
97小節はしかっりとお腹で支えて歌うこと。
98小節からは、控えめに始めて、他のメンバーと呼吸をあわせながらラストにむけて大きく解き放つ感じで。
等の先生からのご指導がありました。
三田市合唱祭に向けて、これから楽しみです。

                               (ソプラノ T.K )
【 2016/11/03 00:23 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

10月28日(金)練習日記

今日は一気に秋模様。三田の秋は短い・・・。そろそろ冬支度かな?クリスマスに向けての曲も練習開始です。
Candlelight Carol:歌詞が英語なので、発音に関しては後日?、今日は音の確認を曲の途中までしました。この曲がレパートリーに入れば、クリスマスシーズンにいろいろなイベントで歌えますよ~って事でした。
サ ザ ン  カ :曲の流れを掴みながら、メロディーのパートを中心に練習しました。美しい曲です**
 田   園   :言葉をはっきりしゃべる事、みのる の「M」に気を付ける事、これらを確認しながら後半部分を復習しました。
冬が来るのが怖い・・・・・・・アルト:M .W でした
【 2016/10/28 17:00 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫